趣味と惰性のブログ

仕事間にダラダラ投稿するエストレヤ乗りの日誌です。

バイクとかキャンプとか色々ブログ

長野小黒川へキャンプ

冬到来

 

 夏を越え、少し冷たい風吹く秋が来るかと思いきや、いきなり冬の気候。キャンプに丁度いい秋の気温はあっという間に過ぎ去ってしまった・・・。

 まあそんなこと気にせず、長野の山奥へキャンプだ!

続きを読む

<バンドック>IRテーブルの微改造

机検討

 

 キャンプ用品店を散策していると、目を引くナイスな机を発見。

f:id:kudara_1828:20211005171815p:plain

※写真はAmazon
バンドック IR テーブル

組み立てサイズ

520×300×290(mm)

収納サイズ

440×300×25(mm)

重量

1.84(kg)

体重量

25(kg)

収納袋付き

続きを読む

赤城山で森キャンプ

暑い日は避暑地へ

 

 9月に入って、夏が終了。外の空気もだんだん涼しくなって、過ごしやすくなってきた・・・と思っていたが、またなんか暑くなってきたな。

ということで、今回はそれに合わせて、涼しい場所、すなわち山でキャンプをしよう。東京から近い山といえば赤城山だよね。

続きを読む

上越市まで横断ツーリング_4

帰宅

 

最後の消化試合が始まる?

 あとは東京に向けて帰るだけだが、今日はもう夕方。さすがにどこかで一泊して帰宅したい。ただホテルは昨晩泊まったので、本日はキャンプでええか。

ということでキャンプ場を予約して、向かう。

 

 清津峡での待機によって汗だくになってしまったので、途中に見えた「高山温泉」に入っていくことに。

続きを読む

上越市まで横断ツーリング_3

グッバイ新潟

 

 昨日は上越市付近での事故により、観光の時間がなくなり、街と海沿いを走っただけで終わってしまったが、新潟はまだまだ観光地がある!ということで、今日は群馬方向に上るまでの道のりにある観光地を攻略していこう。

 

星峠の棚田

f:id:kudara_1828:20210815205349j:plain

あぁ^~最高。新潟っぽい(偏見)。

 昨日のブレーキレバー折損が原因で落ち込んでいましたが、この景色見れて、すべて治りました(単純)。

 朝早く到着したので、お客さん入りはソコソコですね。落ち着いた観光地なので、人混々してなくてよかった。

 

 自分的にはコレ最高の景色ですけど、やっぱ稲が成長しきっていなくて、水が良く映える4月5月あたりに見る景色が一番いいのかしら。

次来るときはその時期に来れるように頑張ろう。

 

 

 

 

ーーーーーー越後の山を越え、今回の旅で一番知名度があると思われるスポット「清津峡」へ

向かう途中で渋滞が発生しており、結構混んでんなーと物思いにふけながら駐車場に向かっていると、警備員に止められた。

 

「予約はされていますか?」

 

・・・どうやら入洞には予約が必要らしい。

あーもう(予定が)めちゃくちゃだよ。

 

 せっかくここまで来たので、何もせず引き下がるのはもったいない。なので、速攻で本日午後の部(13時~)を予約。現在10時なので、あと3時間程度は開いてしまったので、適当に潰すことに。

 幸い、近くに川があったので、適当にじゃぶじゃぶして時間をつぶす。そして喉が渇いたので、最寄りの喫茶店に寄って、涼む。そして予約の時間になった。

 

さあ峡谷に突撃だ。

 

清津

 

f:id:kudara_1828:20210815214031j:plain

f:id:kudara_1828:20210815214042j:plain

えぇ・・・なんか思ったのと違った。

 

写真スポット特化なトンネルだなぁ。人気スポットなので、人が居ないタイミングで写真を撮ることはできないだろう。

 

カラフルな世界を進んでいっていざ最深部。

 

f:id:kudara_1828:20210820172031j:plain

あっ、ここかぁ!

 

清津峡といえばこの場所、しかしまさか着水できるとは思わなかった。

f:id:kudara_1828:20210820173610j:plain

 サンダルで来るべきだったか・・・。

入らないのはもったいないので、靴を脱いで着水。トンネル内ということもあって水がめちゃくちゃ冷たいけれど、進んだ先に映る峡谷はとても綺麗でした。もし秋に来ることができたら、紅葉が水に映ってきれいだろう。

 

つまり春(棚田)、秋(峡谷)、(新潟の雪景色の)冬に来るといい。

毎シーズン新潟に来る必要があるやんけ・・・。

 

f:id:kudara_1828:20210820184104j:plain

これで新潟県も終わり!

ここからは赤谷湖を越え、群馬県に向かっていく・・・。